青松園

 

青松園 ―施設入所支援・生活介護事業―

青松園 ―施設入所支援・生活介護事業―

青松園

 

「青松園」の概要

「青松園」の概要
 
施設の種類 障害者支援施設
施設の目的
利用者が自立した生活又は社会生活ができるよう、個別支援計画に基づき、
総合的な支援を提供します。
(施設入所、短期入所、生活介護、日中一時)
施設の所在地 〒037-0011 青森県五所川原市大字金山字千代鶴142
電話番号 TEL 0173-37-3111  FAX 0173-37-3112
施設長(管理者) 施設長 寺田政史
施設の運営方針
1.利用者が個人として尊重され、利用者の立場に立った処遇方針を基本と
  して、自立に必要な援助を推進します。
2.地域生活の結びつきを深め、地域と一体となった施設づくりを目指します。
3.専門的な知識を養い、豊かな人間性と福祉の心をもった人材育成を推進し、
  活発な明るい職場を目指します。
開設年月日 昭和55年4月1日
新体系移行年月日 平成24年4月1日
定員
施設入所支援    36名
短期入所       4名
生活介護      40名
敷地・建物 敷地面積 8,556.64㎡  建築面積(園舎 1,794.42㎡、体育館 359.89㎡)
居室 全室一人部屋
 
 

職員構成(平成30年度9月1日現在)

職員構成(平成30年度9月1日現在)
 
 
施設長 1 サービス管理責任者 1 看護師 2
総務部長 1 相談支援員 2 嘱託医(非常勤)  1
事務員 2 支援員 19 作業療法士  1
栄養士
1 支援補助員 8 合計 39
 
 

平成30年度利用状況(9月1日現在)

平成30年度利用状況(9月1日現在)
 
【利用定員】
実施事業 定員 現員 内訳
生活介護   40名 42名  男26名、女16名 
 日中利用 男3名、女2名含む
 施設入所支援  36名 36名  男22名、女14名   
 短期入所  4名  4名  男4名   
【サービス利用状況】         
利用状況  入所   短期 日中利用
22名  4名 3名
14名 0名 2名
 総計 36名 4名 5名
【平均年齢】
年齢 入所 短期 日中利用
52.2歳 29.0歳 44.0歳
58.6歳  ー 40.5歳
平均年齢 54.7歳 29.0歳 
42.6歳
全体総計 51.0歳
【年齢別表】(短期入所・日中利用も含めて)
性別/年齢 18~19 20~29 30~39 40~49 50~59 60~69 70~79 80~89 総 計
1
4 6 2 8 5 2 1 29
1 0 0 1 7 6 1 0 16
2 4 6 3 15 11 3 1 45
【障害程度区分】
種別 性別 区分1
区分2
区分3 区分4 区分5 区分6 合 計 平 均  全体平均
入所 0 0 3 6 6 6 21 4.7 4.4
0 0 0 2 5 6 15 4.6
短期 0 0 1 3 0 0 4 3.8
0 0 0 0 0 0 0 0
日中利用 0    0 2 1 0 0 1 3.3
0 0 1 1 0 0 1 3.5
 
 

支援内容

支援内容
 
・常に介護を必要とする人に、昼間、入浴、排泄、食事の介護を行うとともに、創作的活動または生産活動の機会を提供します。
 
 
・健康体操………………介護・認知予防運動、リハビリ体操等を取り入れ、楽しく体を動かし健康で
           活動的な毎日が過ごせるように支援します。
・ウォーキング…………身体機能や精神衛生上の回復を目的に、園内のウォーキングや、天候が良い
           日には外へ出掛け気分転換を図ります。
・リハビリテーション…作業療法士が個々のプログラムを制作し、機能訓練を提供し、身体機能の
           維持・回復を目指します。
・創作活動………………工作活動、音楽活動、グループレクリェーション、カラオケ、ゲーム大会
           等、個々の趣味的活動を取り入れ、楽しく活動してもらいます。
・日常生活動作の支援…日常生活における個々の状況に合せて、生活能力の維持・向上を目指し働き
           かけをします。
・自立課題………………一人で取り組み、一人で完成できるように工夫された課題を提供し、課題に
           取り組みながら、主体性、行動管理、コミュニケーション、模倣、認知を
           養います。
・作業支援………………廃油吸収パック、野菜作り、乾燥野菜作り、種苗、リサイクル作業を通じて
           働く喜びを感じられるよう取り組みます。
・入浴支援………………週3回の入浴で、月曜日から土曜日まで男女交互に入浴します。土曜日が開
           所日でない場合は、金曜日は午前・午後に分かれて入浴します。
 

活動の様子 *写真は、本人の了解を得て掲載しています。

活動の様子 *写真は、本人の了解を得て掲載しています。
 

日課表

日課表
 
時間帯 平  日 休  日
6:00 起床(布団上げ・着替え) 起床(布団上げ・着替え)
7:30
 朝食
歯磨き・洗面
リビング掃除
朝食
歯磨き・洗面
リビング掃除
8:30
バイタルチェック・薬付け
ホームルーム(居室掃除・整容)
活動準備
バイタルチェック・薬付け
整容
9:30 午前の活動開始 余暇時間
10:30
 休憩(15分)
 休憩
11:50
午前の活動終了
 
12:00
昼食
歯磨き・洗面
余暇時間
昼食
歯磨き・洗面
リビング掃除
13:15
午後の活動開始
入浴日入浴・薬付け
余暇時間
(ドライブ・カラオケ・レク等)
15:00
 
 お菓子・ジュース
15:30
 午後の活動終了
ホームルーム(洗濯たたみ・衣類整理・掃除)
余暇時間(買物・ドライブ等)
洗濯たたみ・衣類整理
余暇時間
18:00
夕食
歯磨き・洗面・リビング掃除
余暇時間
夕食
歯磨き・洗面・リビング掃除
余暇時間
19:30
 就寝準備(布団敷き・着替え)
就寝準備(布団敷き・着替え)
22:00
 消灯
 消灯
     
 
 

年間行事

年間行事
 
4月 前期健康診断 10月 青松園フェスティバル
5月 買物支援 後期健康診断
6月 親子調理  
保護者会施設見学 11月 園内喫茶
7月 親子親睦会 12月 買物支援
8月 盆休み クリスマス会
県スポーツ大会 1月 正月休み
9月 親子バス遠足  3月 保護者会役員会
 9月  愛の輪レクリエーション 3月 慰労会
 
 

安心して利用していただくために

安心して利用していただくために
 
○緊急時における対応について
 ・職員は、サービスの提供中に利用者に病状の急変が生じた場合、その他必要な場合は、速やかに
  医療機関に連絡する等の必要な処置を講じます。
○非常災害時対策について
 ・施設は、消火設備その他の非常災害に際して必要な設備を設けるとともに、非常災害に関する
  具体的計画を立て、非常災害時の関係機関への通報及び連絡体制を整備し、それらを定期的に
  職員に周知します。
 ・施設は、非常災害に備えるため、定期的に非難、救出その他必要な訓練を行ないます。
○苦情解決について
 ・施設は、提供したサービスに関する利用者からの苦情に迅速かつ適切に対応するために、苦情
  を受け付けるための窓口を設置しています。
 ・施設は、提供したサービスに関し、法の定めるところにより、市町村が行う文章その他の物件
  の提出若しくは提示を求め又は当該市町村の職員からの質問若しくは照会に応じ、及び利用者
  からの苦情に関して市町村が行う調査に協力するとともに、市町村から助言を受けた場合は、
  当該指導又は助言に従って必要な改善を行うものとします。
○虐待防止のための処置について
 ・施設は、利用者からの権利擁護、虐待防止等を推進するため、次の措置を講じています。
 (1)虐待防止に関する責任者の選定
 (2)成年後見制度の利用支援
 (3)職員に対する虐待防止を啓発・普及するための研修の実施 
 

所在地

所在地
 
障害者支援施設
青松園
 
〒037-0011
青森県五所川原市大字金山千代鶴142
TEL:0173-37-3111 FAX:0173-37-3112
社会福祉法人愛生会
〒037-0011
青森県五所川原市大字
金山字千代鶴142
TEL.0173-37-3111
FAX.0173-37-3112

【青松園】
〒037-0011
青森県五所川原市大字
金山字千代鶴142
TEL.0173-37-3111
FAX.0173-37-3112

【栄幸園】
〒037-0022
青森県五所川原市大字
梅田字燕口257
TEL.0173-28-2288
FAX.0173-28-2289
024339
<<社会福祉法人愛生会>> 〒037-0011 青森県五所川原市金山字千代鶴142 TEL:0173-37-3111 FAX:0173-37-3112